お金借りる

今すぐ、即日でお金を借りる時の注意点!

今すぐお金を借りるときには、銀行では即日融資を行っていないので対応している消費者金融に申し込みます。

 

最短で30分と宣伝しているものもありますが、実際には1時間程度はかかることが多いのです。込み合っているときはさらに待たされるので、申し込みの後に電話をして緊急なので順番を優先するように相談した方が良いです。

 

申し込みはネットで行うのが早いです。提出書類は携帯で撮影したデータで良いので、郵送したり店舗に持ち込む必要はありません。

 

今日中に借りようとするときに問題なのが銀行の営業時間であり、平日の15時までに振り込みをしてもらうには14時までには手続きしておく必要があります。消費者金融の中には一部の銀行で初回に限り延長していたり、24時間対応しているネット専業銀行もあるので、これらが利用できる場合には時間に余裕ができます。

 

カードを使って借りる場合には店舗か自動契約機に行けば今日中に受け取ることが可能です。特定のatmに限定してカードを使わずにスマートフォンのアプリでお金を引き出せるサービスが行われている消費者金融もあります。受け取りに行く手間が省け、対象のatmが生活圏内にあれば便利なので検討すると良いでしょう。

 

親や旦那等、誰にも知られずにお金を工面する方法

親にばれないでお金を借りたい、旦那に内緒でお金を借りたいというのであれば、金融機関ではなく信用できる友人、知人から借りるという事をすればいいでしょう。

 

金融機関では必ず契約をする事になりますから、何らかのやりたいの痕跡を残さないで全てを行うという事は難しいと考える必要があります。契約というのは証拠を残すという事ですから、これがバレない、とかバレずにとかいうような事をいくら考えても絶対にという事にはなりません。

 

友人であれば証拠を残さないで貸し借りをしてくれる人もいる可かもしれませんので、そうしたところであればバレても言い逃れをすることも出来ない事もありません。

 

ただ、基本的にお金を借りた時に問題となるのは、バレたことでは無くそのような状況下になっていることを言わなかったという事が問題となる事がほとんどですから、バレるバレないの問題ではない事がほとんどだと考えてもいいでしょう。

 

その人が気にしている以上に、別に他人の財布になど誰も興味はないのです。問題はそのような事を隠していたことであって、そうした考え方の方がとがめられることの方が多いといってもいいかもしれません。そのため、ほとんどのケースで正直に自分の財布事情を説明してお金を借りた方が無難だったりします。

銀行でお金を借りたい場合に行動するべきこと

お金を貸してくれる金融機関は、大きく分けると二つの種類が存在します。一つは銀行で、もう一つが消費者金融です。

 

そして、銀行系と呼ばれている金融業者は銀行ではなく消費者金融に分類される業者です。この点は誤解が非常に多いため注意をしなくてはいけません。ゆうちょや農協などと異なって、銀行系が提供するサービスはキャッシングというサービスに分類されます。反対に、銀行カードローンと呼ばれるサービスは高額の融資も可能な幅広いサービスを指すのです。

 

つまり、銀行と銀行系は全く異なるサービスを提供しています。郵便局などでサービスを利用するときには、自分の身分証明から収入に関する面などを具体的に書類で提出しなくてはいけません。

 

一方で、銀行系のサービスは中身が消費者金融のサービスなので、実はお金を借りる方法がとても簡単なのです。通常の消費者金融と同じように、アルバイト程度の定期的な収入を得られることを証明して、信用情報に傷がついていないことを調べてもらえればほとんどの場合でお金を借りられます。

 

銀行系というのは、銀行グループに入って経営活動を行っている大手の消費者金融のことを指しますので、この違いは間違えないようにしておくことです。

 

消費者金融で安心してお金を借りたい場合は…

消費者金融とは、個人向けに無担保無保証人でお金を貸し付けている貸金業者のことです。

 

消費者金融といっても全国展開している大手から、一定の地域を地盤とする中堅、また窓口を持っていないような中小までさまざまなものがあります。

 

基本的に消費者金融ではお金を借りられるサービスはキャッシングと呼んでいますが、大手や中堅にはカードを発行してATMからお金を借りることができるカードローンを提供しているところもあります。

 

消費者金融でお金を借りる方法は、申込みを行い審査に通ることです。審査に通ればお金を借りることができます。ただし貸してくれる金額に関しては、その人の信用力によって左右されます。

 

大手では500万円まで設定しているところもありますが中小では50万円までというところも多くあります。審査に通るためには安定した収入があることですが、銀行とは異なり基準がゆるやかでアルバイトやパートでも利用することは可能です。

 

一方で金利は高めに設定されているため長期の借り入れには向いていません。なお、現在の日本の法律では年率20%を超える金利は違法となっているため正規業者であれば年率20%までの利率での借り入れとなります。

お金を借りたい人の質問集

何歳からカードローンはOK?

原則20歳以上となっており、20歳未満OKというローンはほとんどありません。何歳から借り入れできるか調べるには、ローンの公式サイトを見るのが一番です。稀に30歳以上などとハードルが高いローンがありますが、これはVIPローンと呼ばれるものです。低金利・高額融資などの好条件を設定しているローンは、借り入れできる年齢が高く設定されています。

 

95%以上のローンは申込みできる年齢が20歳以上と考えておけば間違いないですが、学生ローンは18歳OKの条件もたまに見られます。ただしこの場合は保護者の同意が必要となるので、自己責任で借り入れできるのは20歳以上と考えてください。未成年でローンを利用したい方は、20歳になるまで待つのが得策です。

電話なしでカードローン融資可能?

カードローンの公式サイトの申し込み方法を確認しても説明はありませんが、在籍確認を会社に電話するのではなく、電話なしで書類の追加で代用できる場合があります。勤務先に連絡されて困る場合には試してみると良いでしょう。対応しているのは一部の大手消費者金融であり、銀行では行っていません。対応している消費者金融は口コミで調べることができますが正確性に乏しく、異なる情報が記載されてる場合もあります。そのため、自分で電話して確認するのが確実です。申し込んだ後にコールセンターに連絡して相談することになりますが、必ず切り替えができるものではないので注意が必要です。例えば希望額が50万円を超えると審査が厳しくなり、断られる可能性が高まります。

無利息のカードローンが存在するって本当?

銀行カードローンでは行われていませんが、消費者金融の一部には無利息期間があるため、これを利用すると利息なしでお金を借りられます。うまく活用すれば銀行カードローンよりも支払い総額を抑えることができるので便利です。無利息期間の適用開始日が契約の翌日からの場合、借りていなくても期間が経過してしまうことに注意しましょう。可能であれば即日融資を受けるのが良いです。通常は新規契約者限定で30日間になっていますが、完済すれば翌月以降の最初の借り入れに対して何度でも適用されるものもあります。期間は1週間なので短く、完済できないと活用できませんが、短期間の借り入れを繰り返す場合には非常にお得なローンになるので利用を検討すると良いでしょう。

総量規制とカードローンの関係とは?

総量規制は債務者が借りすぎないために誕生した決まりごとです。よく見るのは総量規制対象外という言葉で、総量規制の範囲を超えて借り入れできることを意味します。総量規制とは主に消費者金融のカードローンやキャッシングに適用となるもので、借入総額を年収の3分の1以内とするものです。年収300万円だと最高でも100万円までしか借りることができません。それを超えて借りようとすると、消費者金融ではなく銀行などのノンバンクに申込する必要があります。銀行はすべて総量規制対象外であり、消費者金融よりも多くの借り入れができる可能性があります。銀行以外で総量規制対象外になる金融機関は非営利の金融機関で、代表的なものは信用金庫・労働金庫・JAなどです。

完全に無収入ですがカードローンは使える?

完全に無収入の無職では一般的なカードローンなどからお金を借りることはできません。審査制度の抜け穴を突いた方法で借りることはできますが、無収入では返済できないので利用するべきか十分に考えてから実行する必要があります。派遣社員であれば実際には仕事を受けていなくても会社に籍を置くことが可能です。これでも在籍確認の審査には通ります。収入を証明する問題に関しては50万円以内であれば提出が不要になっているところが多いので、希望額を抑えれば気付かれずに済みます。ただし、金融業者もこのような借り方があることは把握しているので、本当に収入を得ているのか疑問に思われた場合には基準以下の金額でも収入証明書の提出を求められ、ばれることもあるので注意します。

カードローンならブラックでも平気?

ブラックでもお金を借りたいときには、それに対応している中小の消費者金融に申し込む必要があります。銀行や大手の消費者は過去に問題を起こした記録が残っているブラックリストの状態では基本的に契約することはないので利用できません。ブラックOKになっている消費者金融でも条件は確認した方が良いです。ブラックリストになる要因は長期の滞納や任意整理、個人再生や自己破産などがありますが、自己破産者は不可などの制限がされていることがあります。また、現在の滞納が継続していれば返済能力がないのは明確であるため、審査に通りません。借り方に関しても、一般的なカードローンと同じように限度額の範囲で繰り返し借り入れができるものと、借りた後は返済するだけのものがあるので注意しましょう。

自己破産者がカードローンを使える可能性は…

通常自己破産をすると一定期間借金をするのが厳しくなってしまうため、普通の方法では借りることができません。
自己破産をした人に融資をしてはいけないという法律はありませんから、可能性としてゼロではないのですが、まともな金融機関から融資を受けられる可能性はほぼゼロと言って良いでしょう。
金融機関から借りることができないのであれば、親族や知人に頼るかあるいは質屋を利用する手があります。
担保がなければこの手を使うことはできませんが、逆に言えば担保さえあれば質屋はその質草に見合った金額を融資してくれますから、自己破産をして一般の金融機関では貸してくれない状況になったときには、質屋を利用するという手があることを覚えて置きましょう。

母子家庭がお金を借りるなら?

母子家庭は共働きの世帯と比較すると収入がやや低い傾向にあることから一般的な銀行では融資の審査が通りにくい傾向があります。もしも母子家庭で突発的にお金が必要になった場合にはどのような手段で現金を調達すればよいのでしょうか。

 

最もおすすめの方法の一つがアコムやプロミスなどの大手金融機関からお金を借りる方法になります。これらの金融機関は家庭環境や職業などに関係なく一定期間以上の勤続期間と毎月安定した収入があればカードローン契約が可能となっているのです。当然ながら母子家庭でも仕事をしていて継続的な収入がある場合には契約が可能となっているので、もしも急にお金が必要になった場合にはアコムやプロミスなどの金融機関を利用すると良いでしょう。

最新のヤミ金情報を教えてください!

ヤミ金の中には大手の金融機関に似せた名前で営業をしているところもあり、しっかりと気を付けてないと騙されてしまう可能性があります。貸金業を営むためには必ず免許が必要になるため、正規の免許を持っているかどうか必ずホームページなどで確認するようにしましょう。これはサラ金、サラ金以外の金融機関でもすべて一緒です。闇金以外の会社は正規の免許を持っているため、厳しい法律によって規制されており、借主は一定の保護を受けることができます。闇金はこうした法律もすべて無視してトイチなどの高い金利を設定したり、違法な取り立てを行って借主だけでなく、家族や近隣の住民、会社の同僚にまで迷惑をかけてくる可能性があります。絶対に闇金から借りてはなりません。

土日や祝日にお金を借りる方法はありますか?

土日や夜中にお金を借りる場合、カードローンであればatmが24時間利用できるので、銀行が営業していない土曜日や日曜日、夜などでも問題ありません。銀行振り込みの場合、24時間365日で即時振り込み対応しているところを指定できるところであれば、深夜でも利用できるので、契約するときに確認しておくと良いです。これから契約するのであれば、即日融資を行っており、在籍確認を書類代用にできる、または後回しにして限度額を再設定する対応をしている消費者金融に申し込みます。この場合でも申し込みの受け付けは24時間ですが、審査は9時〜21時であることには注意しましょう。この時間を過ぎてしまうと結果が出るのが翌日になります。