お金借りる 同僚 上司

身内に借りるなら、誰がいい?

 

どんな事であれ借金と言うのはどうしても厳しい事も多いです。
しかし、身内であれば割とどうにかなる事がありますから、そこを意識してお金を借りるようにした方がよいでしょう。具体的にいいますとまずは祖母です。

 

要するにおばあちゃんであるわけですが、これは甘い事が多いですから普通に申込みをすれば出来る事が今までの関係性から多少の違いはありますが、大丈夫でしょう。親族でも直系になりますから其の手の心配はそこまではないです。

 

しかし、旦那とかになりますと基本的に血の繋がりはないのですから身内から借りるとしてもこれは厳しい事になります。ですが、それでもそもそも生計を一にしている事のほうが夫婦としては多いのですから借りる事は難しくないでしょう。

 

もう一つの身内としては兄弟があります。さすがに兄弟となりますと無心するだけでどうにかなるのか、と言えばかなり難しい問題です。

 

子供から借りる時などにも言えるのですが借用書はキチンと書いておいた方がよいです。そうする事によって貸した、貸してない、と言う事で揉める事がなくなります。返す、返せないでもめるよりも貸した貸してないで揉めるほうが厳しい事になりますから、その点を抑えておきましょう。

 

身近な人にお金を借りるならこの人がおすすめ!

 

お金がない時に最初に考えるべきなのが身近な人からお金を借りるという事です。
多くの人がまず金融機関を利用することを考えるようですが、これは全く逆だといってもいいかもしれません。会社の同僚や先輩、上司でも構いませんから、とにかく身近にいる人に借りるという事をするのがベストです。理由は金利負担が無いからです。

 

身近な人は自分の周りの人を相手にして商売をするような事は考えませんから、まず金利を取るような事は考えていないでしょう。それが知人や友達、恋人などの異性であっても同様です。金利を取るという事は極めてビジネス的な考え方という事になるので、このような事を考える人はまず相手にされないという事がほとんどだといってもいいかもしれません。

 

 

金融機関を利用しても、身近に人から借りても、ちゃんと返済をするわけですから、それならどこから借りてもいいわけで、出来るだけ負担が少ない方法を選択するのは、お金がない人であれば当然という事になります。ここで意味不明の意地を張って金融機関を利用するととんでもない辛い思いをしなければならないという事になるわけです。

 

場合によってはその金利負担だけで元金の返済すらままならないというような事になる可能性すらあります。