お金借りる 公的機関

公的機関でお金を借りるには…

お金を借りることができる便利なサービスが銀行のカードローンであったり、消費者金融のキャッシングですが、これらは借り入れる人が確実に返済できることが条件であるため経済的に厳しい人は審査に通るのは難しいものです。このような経済的弱者を救済するためのものとして公的機関の貸付制度があります。

 

これは国金から出されるもので、極めて低い利率でお金を借りることができます。

 

ただし、用途に関しては制限されるので、カードローンやキャッシングといったものと比べると必要最低限の貸付を受けるものです。この制度としては区役所や市役所、町役所などで行うものではなく各自治体が有している福祉事務所で行われます。

 

行政が直接貸し付けるのではなく、ワンクッション置いた仕組みです。制度としては生活福祉資金、求職者支援資金、母子福祉資金、年金担保、緊急小口資金、教育一般や看護師等修学資金とあるように生活を営む上で一時的に入り用となるものが対象です。

 

緊急小口資金の融資を除けば審査には時間がかかるのですぐにお金を借りるということはできません。また本当に生活に困っている場合のみで十分な収入がある場合には却下されることもあります。

 

なお、公的機関ではありませんが生協を利用している場合には、生協に支払っている出資金の金額に合わせて貸付を受けることができます。