お金借りる 学生

学生がお金を借りる時に有利になるコツ

 

学生でもお金を借りたいという時には、どのような方法があるでしょうか。

 

大学生などでも未成年の場合には借りることができませんが、大学生などで成人していてアルバイトである程度の収入があればカードローンの契約をすることができます。

 

大学生ならアルバイトで結構な金額を稼いでいる人はいるでしょうから、安定した収入があれば契約可能なのです。アルバイトのうち短期ではなく長期でひとつの場所に勤めている実績がある人ほど審査に通過しやすくなります。

 

大学生が借りるのなら負担を小さくするためにも、できれば低金利な所で借り入れをしたいです。

 

金利の支払は大きい負担になりますし、アルバイト収入しかないうちにはできるだけ短期間で返済したいです。

 

そういう場合には銀行系のカードローンが有利ですが、大学生で収入が少ないとなると審査も厳しいため消費者金融系のほうが審査に通る可能性も高くなります。現在は低収入の人への融資はしていない銀行や、学生の審査だと通過しにくい消費者金融もあります。

 

審査に連続して落ちると借りにくくなるので、最初から審査に通過しやすい大手消費者金融に行くほうが良いです。

 

カードローンの契約をする際にはすでにクレジットカードを持っていて返済実績がある人のほうが有利な場合もあります。この場合、当然ですが返済の遅延など事故がないことが前提です。

 

通常借り入れの上限額は年収の1/3までとなっていますが、学生アルバイトの場合は多くのカードローン会社で上限が10万円程度に設定されていることが多いです。

 

確実に審査に通過したいのなら最初は低く設定しておくと無難です。

 

しっかりとアルバイトで稼いでいても最初から1/3ぎりぎりまでは借りられないことがあるので、あとで増額の申込をするしかありませんが必ずしも希望が通るとは限りません。短期間で返済する予定でいるのならクレジットカードの付帯サービスのキャッシングも利用できますが金利が高いのがネックです。

関連ページ

会社員や公務員がお金を借りるならどこ?
会社員や公務員の人がお金を借りたいときに役立つ情報をあつめました!金融機関の融資、共済組合の貸付などの選択肢をご紹介。低金利で借りられるおすすめカードローンも紹介しています。
専業主婦が困ったときにお金を借りる方法
お金を借りたい専業主婦のために、手軽に借りられる方法をご紹介しています。旦那に内緒で借りられる人気のカードローンも公開中です!
年金を担保にお金を借りる方法とカードローン
年金受給者向けに、年金を担保にお金を借りられる制度と、今日中に融資を受けられるカードローンについて解説しています。急な出費に備えて知っておきたい知識です。
自営業が利用できるお金の調達方法
自営業の人向けのお金の調達方法を具体的にご紹介しています。借入先の選び方や申込方法などもご紹介。個人事業主、フリーランスなら必読です!
アルバイトでも借りれるカードローンと審査のコツ
お金を借りたいアルバイト、パート、フリーターの方が申し込めるカードローン・キャッシングをご紹介しています。申込時の審査のコツなどについても解説していますので、初めての方にもおすすめの情報を掲載しています。
派遣社員や契約社員はお金を借りれるの?
派遣社員や契約社員でも借りられる方法があります。ここでは、派遣・契約社員の方におすすめのカードローン・キャッシングをご紹介しています。
外国人がお金を借りるには
外国籍の人は銀行カードローンや消費者金融キャッシングでお金を借りれるのかを調べました。申込条件や準備する書類、審査についても解説しています。
水商売の人がお金を借りるときのポイント
水商売でも借りられるカードローン・キャッシングをまとめてご紹介!審査で重視されるポイントや審査通過のためにできることについてもお話ししています。