お金借りる 派遣社員 契約社員

契約社員&派遣社員がお金を借りる方法を徹底解説!

 

契約社員や派遣社員でもお金を借りる方法はあります。

 

というか、今の時代、正社員は昔に比べるとかなり少なくなってきており、契約社員や派遣社員のような非正規労働者が増えています。

 

潜在顧客層が大きくシフトしているにも関わらず、正社員だけを相手にした商売をしていても会社としての成長はありません。基本的に、お金を貸せるかどうかの判断基準は、貸したお金をきちんと返済してもらえるかどうかです。

 

そのためには、毎月収入を得ていてその中から生活費を差し引いて返済に回せる分があることと、あとは実際にこれまで借りたお金をきちんと返済してきた実績があるかどうか、返済を滞らせたような過去がないかどうかです。

 

この2点さえ満たしていると判断されれば、契約社員や派遣社員であってもカードローンやキャッシングでお金を借りることはできます。

 

ただ、やはり公務員とか正社員の人と比べると属性的には低く見られてしまうのは間違いありません。いくつか留意点を挙げておきましょう。

 

例えば借りることのできる金額です。これは多くの場合、収入の多寡により判断されます。最初に設定される限度額としては、他社からの借り入れのない場合、年収の10%から15%程度になることが多いと思っておけば良いでしょう。

 

契約社員や派遣社員の人はどうしても正社員よりも年収が低くなってしまいますから、借りられる金額も少なくなりがちであるのは止むを得ません。

 

あるいは、収入の安定性という点でも不安が残るでしょう。
これも、公務員や正社員と比べると失業しやすいということが背景にあります。少しでもこの不安を払拭するためには、現に長期間にわたってこの仕事で働き続けているということを示すのが有力な方法となります。

 

つまり長い勤続年数です。年余にわたって働き続けているということであれば、この人であれば容易なことでは失業しないだろうと思ってもらえるでしょう。逆に短いとどうしても審査落ちしやすくなります。

関連ページ

会社員や公務員がお金を借りるならどこ?
会社員や公務員の人がお金を借りたいときに役立つ情報をあつめました!金融機関の融資、共済組合の貸付などの選択肢をご紹介。低金利で借りられるおすすめカードローンも紹介しています。
専業主婦が困ったときにお金を借りる方法
お金を借りたい専業主婦のために、手軽に借りられる方法をご紹介しています。旦那に内緒で借りられる人気のカードローンも公開中です!
年金を担保にお金を借りる方法とカードローン
年金受給者向けに、年金を担保にお金を借りられる制度と、今日中に融資を受けられるカードローンについて解説しています。急な出費に備えて知っておきたい知識です。
自営業が利用できるお金の調達方法
自営業の人向けのお金の調達方法を具体的にご紹介しています。借入先の選び方や申込方法などもご紹介。個人事業主、フリーランスなら必読です!
アルバイトでも借りれるカードローンと審査のコツ
お金を借りたいアルバイト、パート、フリーターの方が申し込めるカードローン・キャッシングをご紹介しています。申込時の審査のコツなどについても解説していますので、初めての方にもおすすめの情報を掲載しています。
学生がお金を借りる方法と知っておきたい注意点
大学生でも申し込める銀行カードローンやキャッシングをご紹介!お金を借りる前にしっておきたい基礎知識や注意点も分かりやすく解説しています。
外国人がお金を借りるには
外国籍の人は銀行カードローンや消費者金融キャッシングでお金を借りれるのかを調べました。申込条件や準備する書類、審査についても解説しています。
水商売の人がお金を借りるときのポイント
水商売でも借りられるカードローン・キャッシングをまとめてご紹介!審査で重視されるポイントや審査通過のためにできることについてもお話ししています。