お金借りる 自営業 お金調達

カードローンを自営業者、個人事業主、フリーランスが使うには。

個人事業主と自営業、フリーランスは微妙に意味が異なりますが、カードローン審査においてはそれほど気にするポイントではありません。個人事業主の人のほとんどは年収が800万円以下であると思われます。

 

なぜなら、年収が800万円を超えたら法人化したほうが税金面で有利になると言われているからです。逆に言えば、個人事業主の人でも年収が800万円程度の人もたくさんいるということなので一概にカードローン審査で不利になるわけではありません。年収300万円のサラリーマンよりも年収800万円の自営業者のほうが有利になるからです。

 

もちろん、さまざまな項目をチェックして総合的に決まる問題なので、単純に年収が高いから借りやすいというわけでもないです。ブラックリストにのっていたらどんなに年収が高くても断られることもあります。

 

もともとサラリーマンをやっていて独立・起業を考えている人は、その前にクレジットカードやカードローンを作っておいたほうがいいです。なぜなら、個人事業主になったら勤続年数がリセットされますし、収入も不安定になるからです。同じ年収500万円なら、正社員の人のほうが安定しているので有利です。自営業者は一時的に高い収入を得ていても事業に失敗したらそれが一気にゼロになってしまうことすらあります。

 

住宅ローンを借りるとなるとかなり厳しくなるものの、キャッシングで小口融資を受けるだけなら実はそれほど不利にはなりません。

 

キャッシングで借りられる目安は20万円〜30万円程度ですが、最初から50万円を借りられることもあります。年収、勤続年数、個人信用情報などのポイントが総合的にチェックされて限度額が決まるので、総合的に信用が十分ならば正社員よりも有利になるかもしれません。

 

実際に、インターネットの体験談では正社員の人が新規申し込みで20万円しか借りられなかったのに、自営業の人が50万円を借りられたというものも存在しています。

関連ページ

会社員や公務員がお金を借りるならどこ?
会社員や公務員の人がお金を借りたいときに役立つ情報をあつめました!金融機関の融資、共済組合の貸付などの選択肢をご紹介。低金利で借りられるおすすめカードローンも紹介しています。
専業主婦が困ったときにお金を借りる方法
お金を借りたい専業主婦のために、手軽に借りられる方法をご紹介しています。旦那に内緒で借りられる人気のカードローンも公開中です!
年金を担保にお金を借りる方法とカードローン
年金受給者向けに、年金を担保にお金を借りられる制度と、今日中に融資を受けられるカードローンについて解説しています。急な出費に備えて知っておきたい知識です。
アルバイトでも借りれるカードローンと審査のコツ
お金を借りたいアルバイト、パート、フリーターの方が申し込めるカードローン・キャッシングをご紹介しています。申込時の審査のコツなどについても解説していますので、初めての方にもおすすめの情報を掲載しています。
派遣社員や契約社員はお金を借りれるの?
派遣社員や契約社員でも借りられる方法があります。ここでは、派遣・契約社員の方におすすめのカードローン・キャッシングをご紹介しています。
学生がお金を借りる方法と知っておきたい注意点
大学生でも申し込める銀行カードローンやキャッシングをご紹介!お金を借りる前にしっておきたい基礎知識や注意点も分かりやすく解説しています。
外国人がお金を借りるには
外国籍の人は銀行カードローンや消費者金融キャッシングでお金を借りれるのかを調べました。申込条件や準備する書類、審査についても解説しています。
水商売の人がお金を借りるときのポイント
水商売でも借りられるカードローン・キャッシングをまとめてご紹介!審査で重視されるポイントや審査通過のためにできることについてもお話ししています。