お金借りる 最短

銀行や消費者金融のカードローン申し込みの流れ

消費者金融でカードローンを申し込む方法と銀行で申し込む方法は少し流れが異なります。消費者金融で申し込みを行うときには、インターネットや契約機を利用して申請することが一般的です。

 

実際に申し込みを行うと、その人物が信用できる人物かどうかを確認するために信用情報の紹介が始まります。信用情報に問題が無いことが確認されると、身分証明や在籍確認と言った収入の審査が始まるのです。それらの審査に通れば、振り込みをしてほしい先やカードを作成して欲しいかの確認が行われ、実際にお金を借りることができます。

 

これらの一連の確認や審査は、一日の中で全て行われますので最短で即日融資が基本となっています。一方で、銀行の場合は融資の申請を行うときにまず支店に出向かないといけません。どのローンを利用するのかを伝えて審査を行ってもらい、それぞれのローンの審査を受けて適性判断してもらう必要があります。

 

全て一律に判断してもらえるわけではないので、注意をしなくてはいけません。また、大きな注意点としてカードローンの種類そのものがあります。カードローンは、同じような名称であっても消費者金融と銀行では中身が全く違うので申し込みの流れも全く異なるということを知っておくことが大切です。

 

お金を借りる時の必要書類と用意する物

お金を借りる時には申込用紙に住所氏名、そのほか所得情報を書き込み必ず必要書類を提出しなければなりません。基本的には身分証明書と所得証明書の2種類が必要です。

 

身分証明書としては、運転免許証や住基カード、マイナンバーです。これらには顔写真があるので本人を確認するための書類に広く使われているものです。

 

一方で健康保険証や印鑑証明などは本人しか持つことができないものですが、顔写真がないので単体で身分証明書として扱われることは少なく公共料金の支払い明細書など住所を示す書類と同時に提出することが求められます。

 

少額の借り入れであれば、これらの身分証明書だけで借り入れすることが可能ですが、多額の借り入れとなる場合や方針で最初から所得証明書による収入の確認を行っているところでは、所得証明書の提出が求められます。所得証明書としてはサラリーマンであれば給料明細や源泉徴収票などになります。

 

また働いていることを確認するための在籍確認を行うためには会社の連絡電話番号も必要です。近年は在籍確認を省略できるところもありますが、この場合には組合健保の健康保険証を有しているなどサラリーマンであることを証明できる書類の提出が必須になります。

 

カードローンの審査を受ける心得

生活費に困っている、ちょっとしたお小遣いがほしいなんて時に是非とも利用したいのがキャッシングによる借り入れです。月末など財布の中身が寂しくなりがちな時期には大変重宝します。

 

キャッシングの利用時は審査を受けるのが一般的であり、即日審査結果が出る業者から一週間ほど時間が掛かる業者までさまざまです。その時の状況によって使い分けると良いでしょう。

 

また、お金を借りる審査基準も業者によって大きく違いがあります。この際重要になるのが利用者の信用度であり、定職に就いていたり、まとまった金額の貯蓄がある場合などは問題なく審査を通過できるはずです。逆に定職に就いていなかったり、複数の金融機関から借り入れを行っている場合は、審査通らない可能性も出てきます。

 

そんな時は出来るだけ審査が甘い業者を探すなどの工夫をすると良いでしょう。口コミ情報を参考にすれば容易く業者の選択が可能です。また、借り入れをする前に現在の借り入れをある程度整理するであるとか、希望する借り入れ額を低くするといった工夫も有効ですので活用してみてください。

 

大事なのは何といっても信用です。普段から無理のない借り入れ、返済を行うように気を配りましょう。